当社は射出成形・インサート成形を通じて多くのお客様の”ものづくり”に携わってきました。その中で、設計や試作をお客様単独で実施された場合、量産以降に「成形品が図面通りに出来ない!」「試作段階では問題無かったのに、嵌合が合わない!」などのトラブルを目にしてきました。

当社が得意とする射出成形品の受注パターンは、企画・設計の出来る限り早い段階でお打ち合わせをさせて頂き、成形・金型のプロとして量産時に発生し得るトラブルの事前回避について、徹底的に議論し、量産の為の試作をご提案する事です。

KANOCSのインサート成形の設計ポイント

設計ーインサート成形
2D/3D構造設計

お客様が必要とする形状を当社で設計する事も可能です。
インサート成形で使用する金属加工品や端子などの設計についても当社で御提案可能です。

試作・インサート成形
量産のための設計

抜け勾配やパーティングライン、ゲート位置などを加味した設計のご提案を致します。

テスト
納期短縮・コスト削減

金型から成形量産を意識した各種エンジニアリング設計開発のお手伝い。
トータル納期の短縮・コスト削減に貢献できます。

設計段階の量産知識が量産成功への道

インサート成形のプロに設計の段階で相談

インサート成形は製造工程が複雑で、一般的な射出成形品以上に専門知識が必要です。また、設計上の欲しい形だけを決めてしまい、量産不可能な形状のまま試作を行なってしまっているケースを多く見てきました。

量産の段階でのトラブルは致命的

量産金型を起こしてから設計変更が多く発生したり、最悪の場合、金型の作り直しを余儀なくされるなど、限られた量産化のスケジュールの中では致命的になってしまいます。
スケジュールを死守しようと設計変更や図面修正を突貫工事で行い、時には問題を抱えたまま、2次加工などで無駄なコストを多くかけながら、量産対応を余儀なくされた。などという事を避ける為にも、少しでも早いタイミングで「量産のプロ」を交えた打ち合わせをご提案いたします。